ブランディングとは価値の構築

最近、「ブランディング」という言葉をよく耳にします。
ブランディングを一言で言うと、「ブランドの価値を向上させる」ことです。
ブランドの価値というのは、お金には変えられない見えない価値のことです。
この見えない価値が、実は企業を差別化する要素となり、他社との競争に勝つ重要な資源となります。
また、この見えない価値は消費者の心にイメージとして蓄積されて行きます。
ブランディングは、この目に見えない価値を創造することにあります。
例えば、『テレビを買うなら●●が良い』、『ラーメンを食べるなら●●に限る』、『●●の商品は品質が良い』などというイメージを消費者の心の中に潜在意識として植え付けることができれば、購買に大きな影響を与えることができます。
逆にブランド価値が低ければ、同じような商品を開発しても、大々的なキャンペーンを打ったとしても、消費者の購買意欲につながらないのが実態です。
ブランディングは、企業が長期的に生き残っていくために必要不可欠な戦略であり、ブランディングが成功することによって、企業活動全般に対して大きなアドバンテージを得ることになります。
その意味では、製品やサービスをどうやって売るか、という側面的なマーケティングよりも、重要であると言えます。
ただ、ブランディングは短期で効果を出せるものではありません。
信頼を構築するということは、長い地道な努力が必要です。
しかし、ブランディングを達成させて、消費者からのロイヤルティを得られなければ、常に値引きをしなければ売れないということにもなりかねません。
ブランディング戦略を確立する基本は「価値の明確化」、「表現の明確化」、「維持の明確化」です。
価値の明確化とは、自社の商品やサービスにおいて、他社とどこを変えるのか、どの部分で勝とうとするのか、また、市場ニーズをどのように反映させるのか、などを会社全体で認識することです。
価値が明確でないと、価格競争に陥ることになります。
表現の明確化とは、消費者の心を掴むため、インパクトの強い言葉で、自社の商品やサービスを表現することです。
市場にある多種多様な商品の中から、自社の製品やサービスを選択してもらうためには、細かな特徴を山のように打ちだしても、消費者からのロイヤルティは得られません。
また、表現から、商品やサービスを利用した時の喜びが想像できなければ、ブランド価値は構築されません。
ブランドへの信頼は、長期にわたる価値の提供で得られるものです。
毎年のようにブランドの方向性が変化していては、ブランディング戦略は確立できません。
ブランドに対する維持の明確化が必要です。
ブランディングとは社員におけるモチベーションを上げるためのアイデンティティの確立でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*